海賊の襲撃 ― その事実
Piracy - The facts

New Internationalist No.465
September 2013 p14

●海賊による襲撃(2012年)(1)
・アメリカ大陸周辺 17件
・アフリカ大陸周辺 150件
・インド亜大陸周辺 19件
・東南アジア&東アジア 111件

西アフリカの海賊(ギニア湾)
・武器:重機関銃
・襲撃:58件
・シージャック:10件
・略奪品:石油、乗組員、船

ソマリアの海賊(紅海、アデン湾、インド洋)
・武器、ロケットランチャー、自動小銃など
・襲撃:75件
・シージャック:14件
・略奪品:乗組員、船

東南アジア&東アジア(インドネシアの島々の周辺)
・武器、拳銃、大型の刃物
・襲撃:ほとんどが小規模の盗み
・シージャック:4件
・略奪品:船の積み荷やコンテナ

●海上輸送の悩みの種
世界銀行の推定では、世界の貿易への影響は、ソマリアの海賊だけで年間180億ドルに上る。

・ソマリアの海賊によって2012年に生じた直接的なコスト(2)
 合計=57億ドル〜61億ドル
内訳
 保険:10%
 警備のための装備と警備員:29%
 迂回:5%
 刑事裁判:1%未満
 軍:15%
 人件費:8%
 速度の増加:27%
 その他:1%未満

・西アフリカの海賊によって2012年に生じた直接的なコスト(2)
  合計=7億4,000万ドル〜9億5,000万ドル
内訳
 盗まれた所有物:8%
 保険:51%
 民間の武装警備員:18%
 軍:15%
 人件費:8%
 人員能力強化:1%未満

●コスト
・1,350万ドル:ソマリアの海賊に支払われた身代金1回の最高額(2)
・5,300万ドル:ソマリアの海賊が1年間に身代金として稼いだ額の2005年〜2012年の平均(3)
・4,200万ドル:2012年にギニア湾で船から盗まれた石油の被害額(2)
・1億ドル:英国企業が海運警備によって得る金額(4)

出典:
(1) ICC International Maritime Bureau (IMB)
(2) The Human Cost of Maritime Piracy 2012, Oceans Beyond Piracy, 2013.
(3) Pirates of Somalia, World Bank, 2013.
(4) Ben Quinn, 'Avery British export: guns, ammunition and mercenaries to fight piracy in Somalia', The Guardian, July 2013.



No.465 Pirates! - The arrgh-ther side of the story



NIミニリポートは、メルマガで配信しています。メルマガの登録はこちらから





オンラインリポート一覧へ