デジタル時代のデモクラシー その事実
THE FACTS
- democracy in the digital era

New Internationalist No.479
January / February 2015 p16-17

●インターネット
・世界では、30億人がインターネットを使用しており、2000年に比べると人数は8倍以上になっている。(1)
<その割合>
アジア 45.1%
ヨーロッパ 20.2%
中南米&カリブ海諸国 10.8%
北米 10.7%
アフリカ 8.6%
中東 3.7%
オセアニア/オーストラリア 0.9%

●世界のインターネット経済の規模(2)
・オンラインショッピング、広告、サーバー・ソフトウェア・通信システムへの投資を含めると、スペインやカナダの経済よりも大きくなる。
・その規模は2011年で8兆ドルで、年成長率は10%である。

●大規模インターネットサービスのユーザー数(3)
Facebook 13億5,000万人
Gmail 4億4,000万人
Outlook 4億2,000万人
Yahoo 3億人
Skype 3億人

●インターネットを使用する人の割合(インターネットの普及率)
北米 84.9%
ヨーロッパ 68.6%
オセアニア/オーストラリア 67.5%
中南米&カリブ海諸国 49.3%
中東 31.7%
アフリカ 21.3%

●個人情報監視
・1,200億ドル:「Five Eyes'」(オーストラリア、英国、カナダ、ニュージーランド/アオテアロア)、米国が共同運営する国際諜報のための同盟)の年間監視予算。(4)
・540億ドル:米国国家情報長官の年間監視予算。(4)
・1人あたり1日13セント:インターネットユーザーに対する監視コスト。(4)
・20%増加:オーストラリア政府による令状無しの個人データ取得の増加率対前年比。(5)
・36%:英国政府通信本部が傍受した生データ(傍受したそのままのデータ)のうち、米国国家安全保障局に送られる割合。(6)
・24:現在運用されている米国の個人情報監視用プログラム(Prismを含む)。(7)
・200万人:報道されている、中国のインターネット監視に携わる人数(2013年)。(8)
・11万ドル:匿名でデータのやりとりが行えるTorネットワークを破った人へロシアが用意している懸賞金の金額。(9)

●報道の自由
・投獄されているジャーナリストの人数は、2000年の81人から2013年には211人に増加。(10)
・2013年のジャーナリスト投獄人数トップ6カ国。(11)
トルコ 40人
イラン 35人
中国 32人
エリトリア 22人
ベトナム 18人
シリア 12人


出典:
1 Internet World Stats.com
2 The Atlantic.com
3 Statistica.com
4 Smari McCarthy
5 http://en.wikipedia.org/wiki/Mass_surveillance_in_Australia
6 Privacy International [訳注]現在このサイトからは該当記事が削除されています。
7 http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_government_mass_surveillance_projects
8 BBC,'China employs two million microblog monitors state media say,'
9 Russia Today
10 Global Voices
11 Committee for Protection of Journalists




No.479 Democracy in the digital era(デジタル時代のデモクラシー)


オンラインリポートは、メルマガで配信1カ月後ウェブサイトに掲載します。リポートを1カ月早く読めるメルマガはこちら登録できます。





オンラインリポート一覧へ