2007年9月号


セックス・トラフィッキング〜世界の人身売買の現状とは 
Trafficked − For sexual exploitation

 

性的な搾取を目的とした人身売買は、過去10年で大幅に増加している。推定で100万人が性産業に売られていくが、そのほとんどが少女や女性である。その被害者たちは、粗暴な犯罪組織だけでなく、信頼を置く家族の手によっても売り渡されている。この問題に無関係であると言える国などはなく、どの国も何らかの形でどこかでつながりがある。今月のNIでは、グローバル化の最も残酷な象徴と言えるこの問題について探る。

 

この号のご注文はこちらから→     セット(英語版&日本語版)*売切    英語版    日本語版*売切


● NI No.404 目次 ●


(本文は英語です)


*<NIJ>の表示がある記事は、NIジャパンに翻訳が掲載されています。


2 読者の声

4 人身売買の現状にどう取り組むのか <NIJ>
世界のどの国も決して無関係ではない人身売買の問題。送り出し国として、経由国として、または受け入れ国として、たたけばほこりが出ない国は存在しない。現代の奴隷制である人身売買、特に性的搾取を目的とした人身売買がどのような形で存在し、いかにして被害者を生み出しているのかを探る。

8 人身売買サバイバーたちの告白
イタリアでの医療補助の仕事があるとだまされてしまったモルドバ人のオルガ。ナイジェリアのブライトは、イタリアの病院での職を約束されイタリアに渡り、自分は大丈夫と信じていたにもかかわらず人身売買されてしまった。彼女たちは、どのような境偶で、どんな手ロでだまされ、いかなる被害に遭ったのだろうか。

10 あなたのすぐそばで微笑むトラフィッカーたち
トラフィッカー(人身売買業者)と聞けば、マフィアや暴カ団のことを思い浮かべることが多いだろう。しかし、それが常に正解とは限らない。身近にいる意外な人々が、その本性を隠している場合もあるのだ。

12 セックス・トラフィッキング ─ その事実 <NIJ>
世界でまん延する人身売買という疫病とも言うべきものの現状はどうなっているのだろうか? どんな人々が犠牲となって、どこからどこへ売られてゆき、それによって誰がどのくらいの利益を手にしているのだろうか? 買う側の需要はどれほどのものなのだろうか? 世界はこの問題にどう立ち向かっていこうとしているのか? さまざまな角度からデータを見ながら考えてみよう。

14 両極端なセックスワークの形態
だまされた結果人身売買に遭い、脅されながらセックスワークを強制されている人もいれば、食べていくために自ら進んでセックスワークを始める人もいる。それぞれの経験者がその考えと体験を語る。

15 人身売買取り締まりの光と陰
すべてのセックスワーカーを単に犯罪者や被害者として扱うだけでは、人身売買を根絶することはできない。保護する対象の女性たちの人権や生活を尊重することはもちろん、自発的にセックスワークに携わっている人々が現場で行っている反人身売買活動との連携も求められている。
被写体としてそのイメージが北で消費されてきた南の国々。自分たちはどう表現されるべきなのか、自らの手で示す南の写真家とフォトエージェンシーが増えている。その先駆けとなったバングラデシュのフォトエージェンシーは、新たなイメージを発信して、社会正義の追求と南北問題の解決を目指している。

17 人身売買を食い止めろ! <NIJ、一部オンラインリポートに掲載>
世界では、人身売買の送り出し国から受け入れ国まで、多様な取り組みが市民や政府によって行われている。その中でもユニークで、活動のヒントになりそうな取り組みをいくつか紹介する。
   ⇒この記事を読む

20 アクション
人身売買撲滅やセックスワーカーの権利擁護に取り組む団体と、関連書籍の紹介。

 


【Special Feature】

21 経済特区という名のインドのバイアグラ
中国に続けとばかりに、インドは輸出主導の経済成長への道を突き進んでいる。インド政府は、そのための特別地域開発という名目で、広大な土地を安くディベロッパーに売却している。その地域では、通常適用される経済、環境、労働に関する法律は適用されず、税金はかからず、地方政府も存在せず、企業にとっては天国のようなところである。しかし、多くの地元の人々が特区に対して抗議行動を起こし、ビジネスエリートの中にもそれに加わる人々が出てきている。そこでは一体何が起こっているのだろうか。


25 世界のニュース <NIJとメルマガで一部を掲載/配信>
排出権取引と環境活動家の死(環境)/人間らしい生活ができる賃金を(社会運動)/子ども兵士を利用した犯罪者への裁き(シエラレオネ)/地球温暖化と偽情報(気候変動)/ラオスの新たなダムの問題(水)/エコへの取り組み(中国)/ほか

*メールマガジンの登録はこちらから


28 ビッグバッドワールド(風刺漫画)<NIJ>
気候変動への新たな抵抗方法を提案する。

29 ワールド・ビーターズ
ようやく待ち望んでいた世界銀行総裁という地位に就いたロバート・ゼーリック。世界は彼に何を期待できるのか。

30 ミクスト・メディア
本・映画・音楽の紹介

32 南の国からの一コマ
素手やレジ袋を使って魚を捕まえようとするナイロビ(ケニア)のストリートチルドレン。そう、それは単なる子どもの遊びではなく、食べていくための行為だった。

33 ラゴスで考える
武器を手に立ち上がったナイジェリアデルタの反政府勢力。彼らをその行動に追い込んだ背景には何があったのか。

34 エッセー:ワーキング・ライフ
今ではなつかしい30年前の英国の産業とそこで働く労働者の姿。

36 世界の国のプロフィール ― コスタリカ<NIJ>

 

ページトップへ

● NIジャパン No.92目次 ●

(本文は日本語です)

 


1 イントロダクション − 性的搾取と人身売買


2 人身売買の現状にどう取り組むのか (NI p4-7の翻訳)

 23歳の時、私は「ゴーゴーガール募集」という広告に目をとめた。
 正直に言うと、「ゴーゴーガール」が何であるのかその時は全く分からなかった。しかし、私はその求人に応募し、採用され、すぐに仕事を始めた。
 勤務時間は9時から5時だった。とは言っても、それは通常の時間帯ではなく、夜の9時から朝の5時までのことだ。給料はそれほど良くなかったが、私は金銭的に困っていた。当時私はアテネ(ギリシャ)に住んでいたが、長い夏が始まるとともに語学教師の仕事がなくなってしまった。そして、家賃の支払期限が数日後に迫っていた。
 ディスコバーのオーナー(はげかかったギリシャ人でリンゴという男だった)は、客と話をすることが仕事だと私に言った。それだけだと彼は言った。客と話をし、もっと飲んでくれるよう盛り上げ、時々彼らとダンスを踊るくらいだ。そう彼は言った。
 夜も更けて客と一緒に店を出たい場合は、客にシャンパンのボトルを買わせるようにと言われた。
 しかし、私は自分がそんなことをしたくなるとは思えなかった。
 自分の人生のこの1ページについてよく考えるようになったのは、ごく最近になってからである。そしてその記憶は恐怖とともに私に迫ってくる。
 それは、私の経験が、身の毛もよだつほど恐ろしいとか、搾取的だったとか、恥ずかしいことだとか、ましてや悔やみきれないものだったなどという理由からではない。それは、この号で取り上げられている若い女性たちの行動が、求人広告を見て、多少つらいかもしれないと思いながらも仕事に応募するという当時の私と同じもので、その理由はカネが必要だったというのも私の事情と重なるからである。

・・・・・・ 続きはNIジャパン誌上でご覧ください

11 セックス・トラフィッキング ─ その事実 (NI p12-13の翻訳)
1.どのくらいまん延している?
人身売買は、事実上世界のすべての地域に影響を及ぼしている。127の国の人々が、137カ国で搾取されている。(1) 人身売買によって、現在推定で240万人が強制的に働かされており、この中には性的搾取を目的としたものも含まれている。この数は、世界中で強制労働させられている人の約5分の1にあたる。(2) 専門家の中には、性的搾取が目的のセックス・トラフィッキングが人身売買の80%を占めると推測している人々もいる。(1) 一方で、他の形態での奴隷労働があまり報告されていないという見方を基に、セックス・トラフィッキングは40%ほどだと主張する専門家たちもいる。(2)

・・・・・・ 続きはNIジャパン誌上でご覧ください

17 人身売買を食い止めろ! (NI p17-19から一部翻訳)

【日本発のリポート】
22 日本の人身売買の経緯、そして現状と課題
齋藤百合子(恵泉女学園大学/人身売買禁止ネットワーク)

34 コンタクトポインツ
今月のトピックをもっと深く知りたい、何か行動したいという人のための日本の情報源。

36 世界の国のプロフィール ?? コスタリカ (NI p36の翻訳)

40 世界のニュース (NI p25-28からの翻訳)
●人間らしい生活ができる賃金を(社会運動)
●ビッグバッドワールド(風刺漫画)


NIジャパン目次トップへ

 

 

 

 

 



  ●バックナンバーリストへ